プロフィール

野に咲く一輪のタンポポのようにヒッソリ暗躍中!?
じゃ、ランク入りはダメじゃん。
と、今頃気付く大馬鹿者。

徘徊癖がありそこら辺うろつきます、ご注意ください・・・。(気にしないでね~)

投稿画像は『しぃペイントツール』が使用困難のため、市販ソフトを使用中です。

その時気分のイメージ一発屋。
ストレスが限界を超えると、やたらと裸婦に走りますのでご注意ください・・・。

基本、『こらぼ』は全て可にしてます。
ご自由に、いじりまくって下さい。(笑

6月のカレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去の日記

日記タグ一覧

 
2018-06-18 01:00

鎮圧

 
Good!
  • M93Rストック付き
一旦室内に戻り、お気に入りの折り畳み式ストックを装着。

『カシュン』
『カチッ!』

暫らくぶりだ、この感触・・・。
実は、このストック。
今は亡き、MGC製だったりする。
(と言うか、MGCが販売していた。)
KSC社は当時、MGCの下請けメーカーだった。
なので、整合性については保障されている・・・はず・・・。
が、実際に装着してみないことには判らなかった。

ピッタリだ。
うふふふふ・・・。

実際、ベレッタM93R+ストック装備は無敵だ。
鬼に金棒である。

現場に急ぎ戻ってみる。
被害者が出る前に、駆逐しなければならない。

因みにKSCのM93Rには、実銃に無い『フルオート・モード』がある。
最悪時には『フルオート』で撃退できるのだ。
これは心強い!

私は左手でフォールディングストックを握り、右肩に展開したストックを押し付ける。

数発『セミオート』で弾道を見る。

次に『3点バースト』。
リコイルショックが右肩に響いてくる。
BB弾が一直線に3発並んで、蜂の巣へ吸い込まれていく。
すごい、安定している・・・。

すぐさま蜂が直進してくるが、弾道上である。
敢え無く撃墜、空中で四散していく・・・。
4マガジン目ぐらいで、巣は静かになった。
『フルオート・モード』の出番は無いようだ。

さて、巣を取り除かねば・・・。
巣の根元から落とすしかあるまい。
よし!
これは『フルオート』だっ!

『フルオート・モード』で片っ端から削り取る!
巣の破片が舞い散っていく。
最後の接合部が砕けたと同時に、ボスッ!と地面に叩き付けられた。
巣の中からは幼虫が・・・。

巣の残骸を大方除去し、細かい破片や幼虫は放置した 。
地面には既にアリが群がり始めている。
事後処理は、自然に任せよう。