プロフィール

こんにちは!初めまして。

3月のカレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 

新着日記一覧

01月03日
12:07

2日深夜にテレビ朝日で放送された漫画総選挙で、
https://www.tv-asahi.co.jp/mangaka_sousenkyo/#/
みごと1位に輝いたのは「ONE PIECE」。
https://one-piece.com/

やっぱ1位はこれだよね。
いくら今ブームとはいえ、ぽっとでの漫画に抜かれるのは納得いかんよ。
なにしろ20年以上もの長きにわたって週刊少年ジャンプの看板をはってますから貫禄が違いますよ。
https://www.shonenjump.com/j/index.html

コミックスの全世界の累計発行部数は4億7000万部を突破。アニメも20年以上放送しているし、
https://www.fujitv.co.jp/b_hp/onepiece/

数々のゲームや舞台化、そして、ハリウッドで実写ドラマ化のプロジェクトも進行する大人気作品。
https://www.iimy.co.jp/rmt/c-597.html#category_597
これが1位じゃなきゃ、そのランキングの集計元を疑うわ。

とはいえ、今空前のブームとなってる鬼滅の刃に関しては2位なんだけどね。
https://kimetsu.com/
流石に勢いが凄いわ。
他の人気作品を押しのけての2位だしね。

まぁでもそんな中、一番の驚きはスラムダンクが3位だったことだけどね。
https://itplanning.co.jp/works/slamdunk

僅差でコナンを破っての3位。
https://www.conan-portal.com/#newsContent

20年以上も前の作品なのに根強い人気やね。
連載終了から20年先にまでこんなにも人気を集められる作品はそうそうないやろな。
やっぱあれやね、この作品は今でも語り継がれる数々の名言が印象的やから、心に残ってんのかな。
個人的には安西先生がミッチーに言った「諦めたらそこで試合終了です」っていうのが一番好きな言葉やな。
それにしてもTOP5の内、4つがジャンプ作品って凄すぎやな。
どうにかコナンが4位に食い込んで独占は阻止したものの、ほぼジャンプの独壇場やな。
鬼滅の次にくると言われてる呪術廻戦もジャンプ連載作品やしな。ジャンプ勢強すぎや。
https://jujutsukaisen.jp/

07月14日
10:30

最近、まじで今更だと思うんだけど、ノーゲームノーライフを見始めたわけです。
https://mfbunkoj.jp/product/ngnl/
過去のアニメを見られる環境が家にはないので、原作小説を嗜むことにしたわけで。
噂には常々聞いていて、なんでも全てがゲームで決まる世界において
主人公が己の知恵を武器に、大物狩りをしていく話だそうな。
いや、それだけでも滅茶苦茶おもろそうやん!
ジョジョやアルドノアゼロもそうだけど、お世辞にもあまり強くない主人公が
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%89...
閃きや知恵で勝ち上がっていくお話がめちゃくちゃ好きなんですよねってことで王様としての権利を賭けたチェスバトルまで拝見したよ。

うん、めちゃくちゃに面白いw
知らず知らずのうちに世界間にどっぷり浸ってて、空の考える奇想天外な策略に周りの観戦者と一緒に自分も「えー!?」って言ってたもんw
それになにより、キャラクターたちのイラストも綺麗!
グラデーションというか色使いというか……。
色鮮やかで話でも絵でも、両方すごくいい意味で楽しめる!
これから続きを書くのが楽しみになってきましたねぇ。

ちょっと空になりきりたいと思うので、私はRSをやってみようかな?w
https://www.iimy.co.jp/
そんなことしてる暇あったらイラスト描けよ!って話よねw
まぁ、その辺はまたおいおいということで。

11月19日
09:42

おはようございます。
Chixi初投稿です!
ちぃというとゆるキャラのちぃたんを思い浮かべてしまいます。
https://chiitan.love/
これからいろんな事を投稿していくのでよろしくお願いします!
今回はイラストの投稿はしませんが、そのうち投稿すると思います^^
https://www.irasutoya.com/p/figure.html
昨日はすごい雨でしたね。
http://weathernews.jp/radar/
朝は雲もなく晴空だったので帰るときにざーざー降りでびっくりしました。

それではまた。